ホーム > その他イベント > 過去の開催実績 > UTM-IOES調印式(2014.3.20)
海洋エネルギー研究センターとマレーシア工科大学海洋温度差エネルギー研究センターとの
教育及び研究の協力協定書の調印式

 

日時:平成26年3月20(木) 午後4時半~午後5時半
会場:佐賀大学 学長室

海洋エネルギー研究センターとマレーシア工科大学海洋温度差エネルギー研究センターは教育及び研究協力を行うための協定を結び、同日調印式を行いました。
調印式には、マレーシア工科大学からProf. Ir Dr. Azraai Kassim副学長とProf. Dr Ho Chin Siong国際交流センター長、Prof. Dr. Md Nor Musa海洋温度差発電研究センター長、Prof. Ir Dr. A Bakar Jaafa 同副センター長、Dr. Azran Azhim マレーシア日本国際工科院講師、佐賀大学からは佛淵学長、永田センター長、池上副センター長、有馬准教授が参列して調印に臨みました。
今後、同大学との間で、
(1) 教育及び研究の共同プログラムを実施
(2) 主要な研究分野について研究センター間での情報交換
(3) 研究スタッフや学生の教育及び研究に関する交流
を進めていくことになります。

(調印式風景)

signing_ceremony_1.jpg signing_ceremony_2.jpg
調印書の交換

(左) Dr. Md Nor Musaマレーシア工科大海洋温度差発電研究センター長
(右) 永田センター長
集合写真

前列・左から)
Prof. Ir Dr. Azraai Kassimマレーシア工科大副学長、
Prof. Dr. Md Nor Musa同海洋温度差発電研究センター長、
永田センター長、
佛淵学長

後列・左から)
Dr. Azran Azhim マレーシア日本国際工科院講師、
Prof. Dr Ho Chin Siongマレーシア工科大国際交流センター長、
Prof. Ir Dr. A Bakar Jaafa 同副センター長、池上副センター長、
有馬准教授



(関連記事) ※以下のリンクは佐賀大学外のページとなります。

佐賀新聞 (海洋温度差発電でマレーシア工科大と協定 )