ホーム > 海洋エネルギーとは > 潮汐力発電

潮汐力発電

潮汐力発電は、潮汐に伴う潮位差を利用してタービンを回し、発電する方式である。潮位差が大きい湾や河口の入り口などにダムと水門を建設し、満潮時に貯水し、干潮時に水門を開いて水を放出することによってタービンを回して発電する。発電システムには、干潮時の一方向の流れで発電する方式と、タービンが双方向の流れに対して回転し、満潮時および干潮時の二方向流れで発電を行う方式とがある。潮汐は周期的な現象であり、干潮・満潮の時刻の予測ができるため、発電計画が立てやすい点が大きな利点である。潮汐力発電プラントとして有名なものには、フランスのランス潮汐発電所がある。Table 1は潮汐発電システムの事例を示す。
 

Table 1 潮汐発電システムの事例

発電所名  製造(運用)  発電機容量  場所  運用開始年
Rance Tidal
Power Station 1)
Electricite de France  240,000kW Brittany,
France
 1966
Kislaya Guba Tidal Power Station 2) RusHydro  400kW Kislaya Guba,
Russia
  1968
Annapolis Tidal
Station 3)
Nova Scotia Power Corporation  20,000kW Nova Scotia,
Canada
 1984
Jiangxia Tidal
Power Station
China Guodian Corporation  3,900kW Wuyantou,
China
 1980
Sihwa Lake Tidal Power Station 4) Korea Water Resources Corporation  254,000kW Ansan,
Korea
 2011

 

 

 

参考文献
1.    独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構, NEDO再生可能エネルギー技術白書, 2013
2.    RusHydro website(http://www.eng.rushydro.ru/
3.    Nova Scotia POWER website(https://www.nspower.ca/
4.    K-water website(http://english.kwater.or.kr/